子持ちプログラマーの日記

子持ちのプログラマーがWeb関連の技術、育児、ガンプラのことを書くブログ

GitHub ソースをアップする

今回は、前回作ったリポジトリにソースをアップしてみたいと思います。

事前準備

Authorの設定をする

git config --global user.name "ユーザー名"
git config --global user.email "メールアドレス"

リポジトリをcloneする

GitHubリポジトリのページの左下に「XXXclone URL」というのがあるので、
SSH clone URL」として、その下のテキストエリアがクローンする際のパスとなります。

# git clone git@github.com:komochi-pg/Hello-World.git
Initialized empty Git repository in /media/sf_workspace/Hello-World/.git/
Enter passphrase for key '/root/.ssh/id_rsa':←公開鍵のパスワードを入力
remote: Counting objects: 3, done.
remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (3/3), done.

ファイルをGitHubにアップする

アップするファイルを作成する

今回は単純なHTMLを作りました。

<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Hello-World</title>
</head>
<body>
Hello-World
</body>
</html>

コミットする

# git add index.html
# git commit -m "テストファイル"
[master 980a3e3] テストファイル
 1 files changed, 10 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 index.html

コミットはローカルのリポジトリにアップしただけなので、
現時点では、GitHubには何もアップされていない状態です。

確認

# git log
commit 980a3e379b266b24eca80c9c2f548829fa57e5ec
以下略

pushする

# git push
Counting objects: 4, done.
Compressing objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (3/3), 380 bytes, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To git@github.com:komochi-pg/Hello-World.git
   7162059..980a3e3  master -> master

これでGitHubにソースがアップされました。

広告を非表示にする