子持ちプログラマーの日記

子持ちのプログラマーがWeb関連の技術、育児、ガンプラのことを書くブログ

Windows8をVirtualBoxでインストール

「Microsoft Windows 8 Consumer Preview」をVirtualBoxを使ってインストールしてみました。

準備するもの


1.仮想マシンの作成

2.オプションはデフォルトのでOK(ちょっとだけHDDだけ多くしておいた)

3.設定からDLしたISOファイルを読めるようにしておきVM起動

4.途中でプロダクトキーを入れ、以下の画面ではカスタム設定を選択

5.インストール先のディスク設定もそのままで。

6.しばらく放置
途中ゲスト OS が再起動するが気にせずに。

続きます。

広告を非表示にする