子持ちプログラマーの日記

子持ちのプログラマーがWeb関連の技術、育児、ガンプラのことを書くブログ

UIVIewの位置、サイズ指定をする

UIViewやそのサブクラスでサイズや位置を指定するにはCGRect、CGPoint、CGSizeクラスを使う

CGRect

CGRectは、対象オブジェクトの位置とサイズの両方を管理するクラス

CGRect rect = CGRectMake(0, 0, 100, 80); //X座標、Y座標、幅、高さの順で指定

CGPoint

CGPointは、対象オブジェクトの位置を管理するクラス

CGPoint point = CGPointMake(200, 300); //X座標、Y座標の順で指定

CGSize

CGSizeは、対象オブジェクトのサイズを管理するクラス

CGSize sz = CGSizeMake(100, 50); //幅、高さの順で指定
広告を非表示にする