子持ちプログラマーの日記

子持ちのプログラマーがWeb関連の技術、育児、ガンプラのことを書くブログ

UIControlの使い方

ユーザのアクションを管理するクラスUIControlの使い方

イベントと処理をひも付ける

例 ボタンが押されたときにbtnActionメソッドを呼ぶ処理
[btn addTarget:self action:@selector(btnAction:) forControlEvents:UIControlEventTouchDown];

UIControlで拾えるイベント

イベント 動く処理
UIControlEventTouchDown タッチダウン
UIControlEventTouchDownRepeat 複数回のタッチダウン
UIControlEventTouchUpInside コントロール内でのタッチアップ
UIControlEventTouchUpOutside コントロール外でのタッチアップ
UIControlEventTouchDownRepeat 複数回のタッチダウン
UIControlEventTouchDragInside コントロール内でのドラッグ
UIControlEventTouchDragOutside コントロール内から外へのドラッグ
UIControlEventDragEnter コントロール外から内へのドラッグ
UIControlEventValueChanged コントロールのvalue値が変化した
UIControlEventEditingDidBegin 編集開始
UIControlEventEditingChanged 編集により値が変化した
UIControlEventEditingDidEnd 編集終了
UIControlEventEditingDidEndOnExit 編集終了後フォーカスが外れた
UIControlEventAllTouchEvents タッチイベント発生時(種類問わず)
UIControlEventAllEditingEvents 編集イベント発生時(種類問わず)
UIControlEventAllEvents イベント発生時(種類問わず)
広告を非表示にする