子持ちプログラマーの日記

子持ちのプログラマーがWeb関連の技術、育児、ガンプラのことを書くブログ

memcached(repcached)構築

rpmでインストールしたかったので、checkinstallをまずはインストール

yum --enablerepo=rpmforge install checkinstall

libevent-develをインストール

yum install -y libevent-devel

repcachedをインストール

cd /usr/local/src/
wget http://downloads.sourceforge.net/repcached/memcached-1.2.6-repcached-2.1.tar.gz 
tar zxvf memcached-1.2.6-repcached-2.1.tar.gz
cd memcached-1.2.6-repcached-2.1
./configure --enable-replication
make
checkinstall
Slackware [S], RPM [R] or Debian [D]? と聞かれるので、Rを選択。
rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/memcached-1.2.6-repcached-2.1-1.i386.rpm
yum list installed | grep memcached

memcachedの設定を記述

vi /etc/sysconfig/memcached
PORT="11211"
PORT_REPLICATION="11212"
USER="nobody"
MAXCONN="2048"
CACHESIZE="64"
OPTIONS="  -x XXX.XXX.XXX.XXX"     # レプリケーション先のIP

起動スクリプト
http://d.hatena.ne.jp/sadaharu28/20110108/1294517561
を参考に。

自動起動

※起動スクリプトを/etc/rc.d/init.d/memcachedに作った前提で。
chmod 755 /etc/rc.d/init.d/memcached
/sbin/chkconfig --add memcached
/sbin/chkconfig memcached on
広告を非表示にする