読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子持ちプログラマーの日記

子持ちのプログラマーがWeb関連の技術、育児、ガンプラのことを書くブログ

【CentOS6.4】iptablesを無効にする

今回はiptablesを無効にする設定をします。

iptablesとは

iptablesは、Linuxに実装されたIPv4用のパケットフィルタリングおよびネットワークアドレス変換 (NAT) 機能(複数のNetfilterモジュールとして実装されている)の設定を操作するコマンドのこと。Netfilterは、いわゆるファイヤウォールやルータとしての役割を果たす。IPv6 用の実装は ip6tables である。
iptables - Wikipedia

今回のように検証などに使うマシンは、不要なので停止させます。
設定の書き方などは、別の機会に書こうと思います。

設定

停止

# /etc/rc.d/init.d/iptables stop

起動時に無効にする

# chkconfig iptables off

確認

# chkconfig --list iptables
iptables        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

これで設定完了です。
次回はパッケージを最新にします。

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

広告を非表示にする